pawpads(ぱうぱっず)保護犬情報

pawpadsの保護犬達の紹介
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【永吉】の紹介
レスキュー後、緩和治療を行いましたが、2014年5月20日永眠しました。
(外見上、良い状態ではなかったので写真の掲載は控えます。)

----------
 基本情報 
----------
[仮名] 永吉
[種類] 雑種(毛色:白茶)
[性別] オス
[年齢] 推定8〜10歳
[体重] --kg
[性格]
[その他] 

----------
 保護経緯 
----------
2014年5月 川崎市動物愛護センターより引出し

------------------
 医療措置について
------------------
エイズ末期の重篤な感染症のため、顎が壊死。
神経麻痺あり。
排尿困難
【ミルト】の紹介

----------
 基本情報 
----------
[仮名] ミルト
[種類] Mダックスフンド(毛色:茶)
[性別] 雄
[年齢] 推定11歳
[体重] 6kg
[性格]
人懐こいコです。元気・食欲旺盛。
他の犬にあまり興味を示しませんが、子犬や子猫は大好きなようで一緒に遊ぶ
世話焼きおじさんです。

[その他] 
2014/5月、レスキュー後、椎間板ヘルニアの手術を行いましたが、
まだ後肢はよろめく状態で、リハビリが必要な状態です。
後肢がしっかりするまでには時間が掛かると思いますので、この状態を
ご理解いただける方への譲渡となります。
自力排泄は可能です。

----------
 保護経緯 
----------
2014年5月 動物愛護センターより引出し

------------------
 医療措置について
------------------
不妊手術:去勢済
検便検査:問題なし
血液検査:良好(椎間板ヘルニア手術前は炎症値やや高めでしたが改善しました)
ワクチン接種:5種接種済
フィラリア:陰性
マイクロチップ:未
その他:
椎間板ヘルニア(グレード3)のため、手術しました。リハビリ中です。
やや前立腺肥大あり、去勢実施し、経過を見ます。
やや胆泥がたまっているようですが、今までの食事や生活環境の影響も考えられるため、
経過を見ます。
臍ヘルニア手術痕あり。
------
 blog 
------
--------
 連絡先 
--------
お問い合わせメールからお願い致します。 info@pawpads.sub.jp
【ルナ】の紹介
2015.7.30 肥満細胞腫の再発により、虹の橋を渡りました。

〜募集停止(2015.1月)〜

右後肢に悪性の肥満細胞腫が見つかりました。手術・治療のため、募集を停止します。


----------
 基本情報 
----------
[仮名] ルナ
[種類] マルチーズ(毛色:白)
[性別] メス
[年齢] 11歳
[体重] 3.5kg
[性格]
人が大好き、お膝大好き、のかわいいおばあちゃんです。
いつまでも膝に乗って動いてくれません。
閉じ込められるのは苦手のようで、ケージレストは吠えてしまいますが
人気がなくなると止まります。
トイレはシートの認識が今一つのため、トレーニングが必要です。
家の中で他犬に対して興味を示しませんが、お散歩中は他犬に吠えてしまうこともあります。
少し興奮している時に、ふいに左耳(炎症あるため)や手足先を触ったり、ご飯の位置を
ずらしたりすると、パッと歯を当ててくる時があります。
男性が苦手かもしれません。
[その他] 


----------
 保護経緯 
----------
2014年4月 動物愛護センターより引出し

------------------
 医療措置について
------------------
不妊手術:避妊手術済み
検便検査:問題なし
血液検査:肝臓数値高め、その他問題なし。
ワクチン接種:5種接種済
フィラリア:陰性
マイクロチップ:未
その他:中等度の僧房弁閉鎖不全症のため、降圧剤を服用させています。
    左耳炎症(マラセチア)あり、重度の炎症により鼓膜がなくなっています。
    肝臓数値高めのため、サプリを服用させて経過をみます。→正常値になりました。
    多飲多尿のため、副腎に問題がないか経過観察中。→問題なし。
    両目白濁あり。(治療対象ではありません)
------
 blog 
------
--------
 連絡先 
--------
お問い合わせメールからお願い致します。 info@pawpads.sub.jp
【協力掲載】ルイ
2014年12月 家族決定
----------
 基本情報 
----------
[仮名] ルイ
[種類] 雑種(毛色:茶)
[性別] オス
[年齢] 推定4-6歳位
[体重] 16kg位
[性格]
慎重で臆病な性格なので、初めて見るものや初めて聞く音に
対して怖がります。人に対しても初対面だと緊張してしまいますが、
一度心を開くととてもフレンドリーに接してくれます。
犬同士では友好的で近くに犬がいてもあまり気にしません。
散歩が大好きで、トイレは基本的に外でしますが、室内でする
こともあります。散歩中でも室内でもマーキングをする癖が
ありますので、室内ではマナーベルトを使用しています。
[その他] 

----------
 保護経緯 
----------
川崎市動物愛護センターにて保護・里親募集中

------------------
 医療措置について
------------------
不妊手術:去勢手術済
検便検査:問題なし
血液検査:問題なし
ワクチン接種:5種接種済
フィラリア:陰性
マイクロチップ:未
その他:

------
 blog 
------
--------
 連絡先 
--------
お問い合わせメールからお願い致します。 info@pawpads.sub.jp
【波平】の紹介
2013.10.6 虹の橋を渡りました。
骨肉種の肺転移により亡くなりました。

【名前】波平
【年齢】10歳位
【性別】雄
【犬種】ウェルシュ・コーギー
【体重】15キロ
【性格】--
【医療行為】
【保護経緯】2013年7月
      神奈川県動物保護センターより引き出し
     (骨肉腫の治療・飼育放棄。飼主持ち込み)
【預りblog】

【問い合わせ】 info@pawpads.sub.jp
【協力掲載】幸子(さちこ)ちゃん
【名前】幸子(さちこ)ちゃん
【年齢】6ヶ月くらい
【性別】メス
【医療措置】頭蓋骨骨折、背骨骨折、唇が裂けていたため手術
【保護経緯】藤沢市内で交通事故にあっているところを保護
【問い合わせ】
 個人保護主のため、当会経由で連絡します。 info@pawpads.sub.jp
【ゴロー】の紹介
2014.4.14 老衰のため、虹の橋を渡りました。

【名前】ゴロー
【年齢】16歳
【性別】雄
【犬種】トイプードル
【体重】4kg
【性格】穏やかな性格です。
高齢のため、基本的に寝てばかりいます。
歩行はとてもゆっくりです。
うんちをした時は鳴いて教えてくれます。
【医療行為】 
 ・ワクチン接種済
 ・糞便検査問題なし
 ・フィラリア陰性
※左眼は、外傷がきっかけか原因不明ですが、眼球が萎縮していて
 失明状態です。右眼は白内障になっています。
※右前肢を挙げたままで、地面につくことができなかったため、
 検査を行ったところ、骨の異常や外傷はなく、くじいたり等が
 きっかけと思われる重度の関節炎と診断されました。
 →治癒しました。
※貧血があります。足の炎症から来るものか別に原因があるか
 経過観察中です。
 →治癒しました。
※右後肢の膝は手術歴があります。

【保護経緯】2013年4月川崎氏動物愛護センターより引き出し
       (飼主入院による親族の持ち込み)
【預りblog】明日がある

【問い合わせ】 info@pawpads.sub.jp
【ヨンジュン】の紹介
2016/5/1 腎不全のため、虹の橋を渡りました。




【名前】ヨンジュン
【年齢】11歳位
【性別】雄
【犬種】マルチーズミックス?
【体重】8kg
【性格】穏やかで少し臆病な性格です。
ケージレストは苦手のようで最初は鳴きますが、
しつこく鳴いたりはしません。
慣れた人にはそっとべったりしてきます。
【その他】
腎臓が良くないため多飲多尿です。トイレシートは認識していますが、
完全ではありませんので、シートからはみ出すことが度々あります。
また寝起きはトイレまで間に合わないことありましたので、就寝時は
おむつパッドをしています。
散歩時にトイレもほとんどしません。
散歩は経験がなかったようでスムーズではありませんので、
散歩環境に慣らすまで時間が掛かると思います。
【医療行為】 
 ・ワクチン接種済
 ・糞便検査問題なし
 ・フィラリア陰性
 ・血液検査問題なし
 ・去勢済
※その他・・・
心臓:軽度の心雑音あり。エコー検査の結果、心臓弁の逆流はわずかですので
  治療や運動制限不要レベル
 ⇒2014/6月〜心臓のお薬を始めました。
目:両目とも炎症による白濁と白内障あり
耳:重度の慢性外耳炎あり。右耳下に瘤があり、切除しました。
    病理検査の結果、基底細胞腫(良性腫瘍)と診断されましたので、
    摘出により問題ない状態になりました。
皮膚:こびりついた糞尿により下半身に皮膚疾患あり。
  念のため、甲状腺の検査も行いましたが問題ありませんでした。
睾丸:去勢のため摘出しましたが、睾丸の萎縮が見られたため、
      ホルモン検査を行いましたところ、エストロゲン中毒(雌性化)を
      起こし、わずかに貧血傾向でした。
      病理検査の結果、初期のセミノーマと診断されましたが、ごく初期で
      あり、浸潤・転移はありませんでした。しばらく経過観察となります。
 ⇒2014/6月、再検査の結果、転移はありませんでした。
腎臓・膀胱:エコー検査により、左右の腎臓の大きさが違うことが判明
      しました。右側は機能していない可能性あり精密検査を行って
      います。
 ⇒精密検査の結果:一部石灰化はしていましたが、現時点で腎臓病に
  はなっていませんでした。ただし、今後注意が必要です。
  膀胱炎など炎症を長期に患っていた可能性があり、膀胱壁の
      肥厚と尿道の一部肥大・狭窄が見つかりましたが、治療対象ではない
  ので経過観察になります。
気管:2014/6月胸部付近の気管に虚脱あり。体を起こす時など気管が刺激され
  咳き込むことがあります。
【保護経緯】2013年3月 動物愛護センターより引き出し
【預りblog】明日がある

【問い合わせ】 info@pawpads.sub.jp
【ノパール】の紹介





【名前】ノパール
【年齢】13歳位
【性別】オス
【犬種】Mダックス
【体重】7.5kg→6.9kg→6.2kg→5.8kg(2014/3時点) ダイエット完了
【性格】人懐こく、甘えん坊で、とても穏やかなコです。
    人から離れる時は要求吠えがありますが、しばらくすると
    おとなしくなります。
    トイレは完璧です!
【医療行為】
 ・5種混合ワクチン
 ・糞便検査問題無し
 ・去勢済
※外耳炎(肥厚は残っています)、膀胱炎治療済み。
※重度の歯周病により歯が抜けていたり抜けかけていましたので、
 抜歯および歯茎の縫合を行いました。
 歯を抜いたため、ベロが垂れ出てしまいます。
※2013年4月、血液検査の結果、肝障害と判明しましたので肝臓の治療を行って
 いましたが治癒しました。
 2014年3月、再検査をしましたが、肝臓の状態は問題ありません。
※2013年8月、耳が遠くなってきたようで、呼び掛けの反応が薄いようです。
【保護経緯】2013年3月 動物愛護センターより引き出し
【預りblog】
SunnyDay
【問い合わせ先】 info@pawpads.sub.jp
【タパ】の紹介

2012年12月譲渡となりましたが、家族内に犬アレルギーが発症したため
返還となりました。再度、募集となります。





【名前】タパ
【年齢】10歳位
【性別】雌
【犬種】ミニチュアダックスフンド(ワイヤー)
【体重】5kg
【性格】
 人が大好きです。大型犬が苦手な面はありますが、
 他犬との協調性もついてきました。
 要求吠えも治まってきて、ケージ内でのお留守番も
 出来るようになりました。
【医療行為】
 ・糞便検査問題なし
 ・フィラリア陰性
 ・血液検査問題なし
 ・マイクロチップ装着済み
・2012/3/15避妊及び乳腺・鼠径部腫瘍摘出手術済み
 →腫瘍の病理結果:低悪性度の混合乳腺腫瘍
  現時点で他臓器への転移はなく摘出により問題ない
  状態となりました。鼠径部の腫瘍は問題ありません
  でした。今後は経過観察となりますが、念のため、
  6ヶ月間を目処に、上皮腫瘍の増殖を抑える薬を
  服薬させました。
  11月再診検査転移、腫瘍の兆候はありません。
  2014年3月、再検査を行いましたが、転移はありません。
  その他、一般状態も問題ありません。
・2014/9/21 肥満細胞腫、摘出手術を行いました。
 幸い、かなりの早期発見だったためグレード1、
 転移はなく、抗がん治療の対象にもなりませんでした。
 経過観察になります。

【保護経緯】2012年3月 動物愛護センターより引き出し

【預りblog】SunnyDay
【問い合わせ】info@pawpads.sub.jp

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.